看護師の転職動機:子供と接する機会の多い職場へ転職したい!

看護師の中には、根っからの子供好きな人もいらっしゃいますから、そんな方が望むのは子供と接する機会の多い職場です。子供が多いといえば、小児科が挙げられますね。 只、小児科への転職は結構難しい面があります。まず小児科の専門知識が必要です。更に、小児科の職場自体が減少傾向にあるからです。

その背景には、小児科医を希望する医師が少なくなってきている現状が関係しています。小児科の需要は決して少ないわけではないのですが、小児科は多忙な割りに稼げない診療科だと言われているので、医師からは人気のある職種とは言えないようです。

ですから、小児科勤務の看護師が一度辞めて、また小児科への復職を希望しても思うようにいかないことも多くあります。小児科の看護師としての経験とスキルがあっても難しいくらいですから、小児科への転職は競争率が高いと言っても過言ではありません。

小児科への転職を考えている人は、現段階で積めるだけのスキルをしっかりと積んでおく事が転職の成功を左右する事に繋がるでしょう。 又、子供と接する職場は小児科などの病院だけとは限りません。保育園の看護師という選択肢もあります。

「保育園に看護師?」と思われるかもしれませんが、実際に看護師を必要としている保育園はあります。子供好きな人には、看護師の資格を活かしながら園児と接することができるので、最適な職種といってもいいかもしれませんね。

只、保育園といっても職場環境は大事です。園児の世話をするスタッフと上手く連携をとりながら看護師の仕事をする必要がありますので、その辺も含めて評判のいい保育園の情報を得るために、看護師専門の転職サイトを利用するのも一つの手段です。

又、保育園の看護師を目指すなら、小児科で看護師の経験を積んでおくと有利です。 何れにせよ、小児科や保育園の看護師になるには、それなりのスキルが必要ですし、求人も少ない傾向にありますから、看護師専門の転職サイトの利用をオススメします。

スキル面で不安があっても、専門コンサルタントに相談すれば良いアドバイスも受けられるでしょう。

ページの先頭へ